法人印鑑に刻印される名前について

RECENT ARTICLE

黒水牛と彩樺の法人印鑑について

法人印鑑を作成する際の注意点 印鑑ってありますよね?社会人として組織に所属している人なら、何度も目にする機…

MORE

法人印鑑のチタン素材について

法人印鑑は重要な場面で必要な印鑑 会社を設立するためには登記の申請や銀行口座の開設など、様々な準備をしなけ…

MORE

銀行印と法人印鑑の混同を防ぐために

素材にこだわって法人印鑑を作成する 印鑑の素材となる黒水牛は、古くから高級印鑑として人気がある他に見た目も…

MORE

法人印鑑に刻印される名前について

印鑑の混同を防ぐための方法 企業で使用する重要な印鑑となる法人印鑑と混同しやすい印鑑は、銀行印となります。…

MORE

印鑑の混同を防ぐための方法

企業で使用する重要な印鑑となる法人印鑑と混同しやすい印鑑は、銀行印となります。とはいえ、法人印鑑と銀行印は角印やゴム印といった形状や素材が明らかに異なります。けれども、銀行印の多くは法人印鑑と同じように、印面が丸い寸胴タイプで作る人が多いので混同しやすいとされます。そのため、印鑑の混同を防ぐために法人印鑑と銀行印で印面のサイズを変えるのがお勧めされます。
よって、銀行印を作成する場合は、法人印鑑より少し小さめのサイズで作成することで、混同するのを防げます。さらに、法人印鑑と銀行印のサイズを変えることは、偽造や複製されるリスクを抑えるのにも繋がります。それは、法人印鑑を銀行印の代わりとして使うことができるためです。つまり、印鑑のサイズを変えることは防犯面の強化にも結びつきますが、法人印鑑は10.00mm?30.00mmまでのサイズで登録可能となります。
なので、サイズ目一杯の印鑑を作成しようとしたり、ギリギリまで小さい印鑑を作成する場合は、店に印材の在庫があるかを確認するのが重要となります。また、一般的ではないサイズの印鑑を注文する際は、、店によっては取り扱い自体がないこともありますが。そのため、法人印鑑と銀行印の印鑑のサイズに拘るなら、予め相談を行うのがお勧めされます。法人印鑑と銀行印の混同を防ぐなら、銀行印を法人印鑑より小さめのサイズで作るのがお勧めです。

人気な法人印鑑の種類

法人印鑑を作成する場合は、印鑑の見た目や強度に拘るなら素材選びを重視するのが重要となります。そのため、見た目と高い耐久性の印鑑を作成するなら、チタン印鑑を作成するのがお勧めされます。チタンは、法人印鑑の作成に使う素材として人気を集めている素材となります。けれども、加工が難しい上に朱肉が乗りにくいことが金属製の印鑑のデメリットとして捉えられましたが、現在では技術の進歩により改善されています。
そして、チタン印鑑は摩耗や腐食に強くて高い耐久性を誇る以外にも、美しい見た目の印鑑となります。つまり、法人印鑑を作成する際にチタンを素材として使えば、他の印鑑と比較してメンテナンスに気を使う必要がなくなります。そのため、チタン印鑑を購入したり作成すれば、長期間活用できる印鑑となります。ただし、耐久性に優れていても紛失や盗難といったセキュリティ面に注意する必要はあります。
そして、チタン印鑑は重厚感があり、法人印鑑となれば実用面と見た目において素晴らしい印鑑となります。ちなみに、ゴム印のように法人印鑑や銀行印として登録できない印鑑だと、チタンは印鑑の素材として活用できないこともあります。法人印鑑としてチタン素材を選ぶことは、見た目や高い強度以外にもメンテナンスのしやすさに考慮するのにお勧めです。