黒水牛と彩樺の法人印鑑について

RECENT ARTICLE

黒水牛と彩樺の法人印鑑について

法人印鑑を作成する際の注意点 印鑑ってありますよね?社会人として組織に所属している人なら、何度も目にする機…

MORE

法人印鑑のチタン素材について

法人印鑑は重要な場面で必要な印鑑 会社を設立するためには登記の申請や銀行口座の開設など、様々な準備をしなけ…

MORE

銀行印と法人印鑑の混同を防ぐために

素材にこだわって法人印鑑を作成する 印鑑の素材となる黒水牛は、古くから高級印鑑として人気がある他に見た目も…

MORE

法人印鑑に刻印される名前について

印鑑の混同を防ぐための方法 企業で使用する重要な印鑑となる法人印鑑と混同しやすい印鑑は、銀行印となります。…

MORE

法人印鑑を作成する際の注意点

印鑑ってありますよね?社会人として組織に所属している人なら、何度も目にする機会があったかと思います。法人印鑑には、印影と呼ばれる他に二つとない絵や文字で出来た印を、証明書などの正式な書類に押印するときに使う、大変重要なものです。これから会社を興そうという人には、準備する物の内の一つとして欠かせない物でしょう。さて、そんな法人印鑑を作成する時に注意するポイントをご紹介します。
会社に必要な印鑑は次の三つです。・実印・角印・銀行印・これらの印鑑がないと、実質的に会社を回せません。必ず用意しましょう。次に、これらの印鑑の使用用途を見ていきましょう。実印は、代表者印・会社実印とも呼ばれています。法人印鑑は会社の代表者が契約を結ぶ時に使ったり、会社を設立する際の手続きを行う時に使ったりする最も重要な印鑑です。
この印鑑が押された書類は、会社が正式に意思決定を行ったものと見做されるので、厳重に保管する必要があります。角印は、会社名のみが彫ってある印鑑で、社印とも呼ばれます。実印と比べるとその重要度は一段下がりますが、稟議書や請求書などの、押印が必要な書類に日常的に使われています。銀行印は、口座の開設や支払い時に押印される印鑑です。実印による届出も可能ですが、リスク回避のために銀行印が用いられるのが通例です。

法人印鑑で使用される書体

法人印鑑の書体として使われるものは、「篆書体」が最も多いようです。2番目が「印相体」です。会社の社長に特別なこだわりがない場合は、「篆書体」あるいは「印相体」にした方が無難と言えます。「篆書体」は偽造が困難だと言われています。ですから個人用にも法人印鑑用にも実印として最も使用されている書体です。そして「印相体」は「篆書体」から進化したもので、最も偽造が不可能だとされているものです。
そんなに歴史が古いわけではありませんが、八方に広がる形をしていますので、開運の意味を持っているようです。その他にも「隷書体」などが使われる例もあるようです。そして法人印鑑の材質に関してですが、これは「本柘」(ほんつげ)と呼ばれるものと、黒水牛の2種類が人気のようです。材質もさまざまなものがあるようですが、これらにしておくことが無難なようです。前者の「柘」は、繊細な彫刻に最適だとされています。
それは密度が高く繊維が緻密な木材だからです。その中でも特に高級なものは「本柘」です。押印して使った後は、酒抜くをしっかりと落とす必要があります。朱肉が残ってしまうとかけてしまう恐れがあります。2番目の「黒水牛」についてですが、水牛の角を加工して製造されます。丈夫で長期間の使用に耐えることが可能です。耐久性と硬度に優れているためです。品質の割には安価だと言われています。